FAQs

  • 企業理念

    • ● XinFinが解決しようとする問題

      インフラその他の行政サービスに対する需要は増大しており、多くの国が、財政能力が低下している時代に投資を拡大するという難題に直面しています。これにより政府は、経済成長と社会的利益を向上させることのできるプロジェクトを支えるインフラへの投資に優先的に集中せざるを得なくなっています。

      インフラを優先的に扱うのは、多くの場合非公式なプロセスであり、国や中央政府レベルでの標準的な手続きや方法は存在しません。こうした優先順位のため、さまざまな遅れや、必ずしも経済成長を促進するとは限らないプロジェクトが実施されるという事態が発生します。現在の世界のインフラ不足は5兆ドルと推定されており、世界の政府および機関はインフラを加速させるための資金の調達に苦労しています。

      高いインフラ需要、経済成長の鈍化、そして政府予算が限られている今日の世界において、政府、インフラ投資家、プロジェクトオーナー、スポンサーはインフラ投資のために選択された資金調達モデルについて考え直すべきであると私たちは確信しています。XinFinは次世代の資金と金融を創るツールとしてブロックチェーンテクノロジーの力を最大限に活用してきました。私たちは機関、政府ならびにグローバルサプライヤーの間で金融メカニズムに適した効率的なソリューションを生み出してきました。この金融メカニズムはXDCトークンと呼ばれています。このプラットフォームは、リアルタイムの国際取引と国際的な資金調達を可能にするために、プライベート許可制ブロックチェーン上でXDCトークンを実行します。したがって、私たちはこのプラットフォームを、このようなインフラ不足を解消するために待ち望まれた受け皿として活用する計画です。

    • ● XinFinはどのような製品とサービスを提供しているのですか?

      ハイブリッドブロックチェーンアーキテクチャ、スマートコントラクト機能および基本的なXDCトークンを用いて、以下の3つの主要なソリューションを提供しています。

      • TradeFinex – 「ピア・ツー・ピア」方式の取引と資金調達のためのグローバルマーケットプレイスプラットフォーム

      XinFinの主な目的は、政府、企業、買い手、サプライヤー間のピア・ツー・ピア方式の資金調達で資本を効率的に活用し、政府の財政に負担をかけることなくプロジェクトを展開できるようにすることによって、世界的なインフラ不足を最小限に抑えることです。TradeFinexプラットフォームは、買い手がグローバルに競争力のあるレートで資本を確保できるようにし、サプライヤーが国際入札および顧客基盤を見えるようにし、最終的には資産のデジタル化とIoT統合を使用することで投資家がリアルタイムで投資の動きが見ることができるようにします。我々は、金融機関が扱うことができないプロジェクトについて、世界中の買い手、売り手、投資家が取引および融資できるようにするTradeFinexプラットフォームを展開する予定です。これは、特に政府が市民の経済的福祉のために請け負う必要がある重要な公共インフラプロジェクトに該当します。

      • 産業用途– ブロックチェーンを使ったビジネスプロセスの効率化

      顧客が中心となるXinFinブロックチェーンは、現実世界における問題の解決と効率向上に焦点を当てています。XinFinブロックチェーンプラットフォームは分野にかかわらず実用性があり、例を挙げるとXinFinは現在、エネルギー、旅行、航空、フィンテックなどのいくつかの社内パイロットプロジェクトに取り組んでいます。ブロックチェーンとIoTベースのカスタマイズされたソリューションは、ビジネスプロセスのリエンジニアリング、サプライチェーン、資金調達、物品調達、決済にわたって展開されています。XinFinは、現実世界のプロジェクトをブロックチェーンベースのスマートコントラクトでマッピングすることにより、ピア・ツー・ピアの分散型または集中型の取引またはトランザクションを可能にします。

      • Eウォレット – リアルタイムの送金、支払いおよび決済を可能にするもの

      XinFinのブロックチェーンプラットフォームは、世界中でリアルタイムな支払いと決済を可能にする統合ウォレットソリューションを提供します。ウォレットサービスは、個人、企業、および金融機関が取引、資金調達、送金のために国境を越えたリアルタイムの支払いを容易にするために活用することができます。高度に進化した XDC プロトコルに基づいて構築されたウォレットは、安全で高度なトランザクションのスループット(一定時間内の処理量)を実現し、現実世界のトランザクションに最適なソリューションとなっています。

    • ● XDCトークンは何のために必要ですか?

      ネイティブトークンのXDCは、取引と資金調達活動のためにリアルタイムな国境を超えた決済メカニズムの手段として機能します。世界には資金を必要としている政府プロジェクトが沢山あります。XDCを使うことで、個人、企業、団体および政府は低コストで資本を調達することができます。

    • ● XinFinが焦点を当てている地域はどこですか?

      XinFinはビジネスプロセス、取引および資金調達における非効率を最小限にするために、世界の市場に対応します。資金調達に関しては、通常低コストでの資金調達が難しい、APAC(アジア太平洋)、アフリカやその他の国々により焦点を当てて行きます。

  • TradeFinex

    • ● TradeFinexプラットフォームとは何ですか?

      TradeFinexはピア・ツー・ピア方式の取引と資金調達のためのグローバルマーケットプレイスプラットフォームです。 XinFinの主な目的は、政府、企業、買い手、サプライヤー間のピア・ツー・ピア方式の資金調達で資本を効率的に活用し、政府の財政に負担をかけることなくプロジェクトを展開できるようにすることによって、世界的なインフラ不足を最小限に抑えることです。TradeFinexプラットフォームは、買い手がグローバルに競争力のあるレートで資本を確保できるようにし、サプライヤーが国際入札および顧客基盤を見えるようにし、最終的には資産のデジタル化とIoT統合を使用することで投資家がリアルタイムで投資の動きが見ることができるようにします。我々は、金融機関が扱うことができないプロジェクトについて、世界中の買い手、売り手、投資家が取引および融資できるようにするTradeFinexプラットフォームを展開する予定です。これは、特に政府が市民の経済的福祉のために請け負う必要がある重要な公共インフラプロジェクトに該当します。

    • ● 個々のプロジェクトへの資金調達に対する条件は何ですか?

      第一段階では、政府証券の発行によりその重要性が裏付けられている中小規模の国家インフラプロジェクトが実施されます。政府と主要企業が参加しているプロジェクトが優先されます。個々のプロジェクトはケースバイケースで評価されます。受益者はTradeFinexプラットフォーム上にプロジェクトを掲載することで、資金調達のためのグローバル投資家や、物品調達のためのグローバルサプライヤーに働き掛けることができます。

    • ● XDCを保有している人はみなプラットフォーム上で投資家になることができるのですか?プラットフォーム上で投資家になるための基準は何ですか?

      はい、XDCトークンを持っている人は誰でもTradeFinexプラットフォームの投資家になることができます。TradeFinexは、実際、XDC市場の根底にある流動性を利用してグローバルに融資するジョイントラベル/ホワイトラベルのプラットフォームとなるでしょう。投資にはリスクが伴います。XinFinは投資前にデューデリジェンス(注意義務)を実行することを推奨します。

    • ● 個人の投資家は他の様々な投資家たちと共にプロジェクトに部分的に融資することはできますか?

      はい。投資家は複数の投資家と共にプロジェクトに融資することができます。私たちの基盤となるスマートコントラクトはこれをサポートしています。融資を受けるプロジェクトの価値が上がるに従い、この機能は投資家によって必要とされるでしょう。スマートコントラクトでは、支払いマイルストーンを作り、投資家別に支払いを分割することもできます。スマートコントラクトは、参加投資家への払戻金における透明性と可視性を提供します。

    • ● 融資先に返済能力があるかどうかを確認するデューデリジェンスはどのように実行すればよいですか?

      私たちはピア・ツー・ピア方式の取引と資金調達のためのグローバルなマーケットプレイスプラットフォームを有しています。主要なプロジェクトの実現可能性を評価する担当者をプラットフォームに招待します。投資家は必要に応じて、技術的・商業的な実現可能性を検証するために、プロジェクトを評価し、最終候補プロジェクトの一つを選ぶことができます。これは、リスク選好度に応じて、十分な情報を得た上でプロジェクトへの投資を決定するのに役に立ちます。より大規模なプロジェクトには、政府発行の証券が求められます。

    • ● IoT統合レイヤーはTradeFinexで動作しますか?

      XDC プロトコルには、リソースマネージャとオラクルサービスが組み込まれています。IoTデバイスはリソースマネージャに安全に接続することができ、非常に厳密に制御されたオラクルサービスはIoTサービスに関連する情報を検証することができます。このデータは、一連の事前定義された条件を実行するためにスマートコントラクトで使用することができます。

    • ● TradeFinexサイトの完全な運用開始はいつになると予想されますか?

      TradeFinexのベータ版が現在テスト中であり、2018年1月の第1週に招待ユーザー向けの本番環境で稼働を開始しました。

    • ● XDCとXDCEはTradeFinex上で購入可能ですか?

      TradeFinexはピア・ツー・ピア方式の国際取引と金融のためのマーケットプレイスです。トークンはTradeFinex上で購入することはできません。XDCとXDCEトークンは上場されている取引所で購入することができます。

  • ハイブリッドブロックチェーン

    • ● ハイブリッドプロックチェーンとは何ですか?

      XinFinは、BItcoinとQuorumとEthereumの最良の特徴を兼ね備えた、高度に拡張可能で安全な、許可制の商用グレードのブロックチェーンアーキテクチャを開発しました。つまり、それは拡張性と安全性を満たす許可制チェーンとパブリック・チェーンを組み合わせたものです。Proof of Authority(プルーフ・オブ・オーソリティ:権威による証明)は最終的にProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク:保有資産による証明)につながります。XinFinのブロックチェーンはXDC01プロトコルを備えており、基本となるXDCトークンをリアルタイムな支払いと返済に使うことができます。

      XDCブロックチェーンはコンソーシアム・ブロックチェーンの枠組み上に成り立っています。アーキテクチャは、パブリック・ブロックチェーンはもちろん、従来型のプライベート・ブロックチェーンや許可制ブロックチェーンとも異なります。Ethereumコードベースの上に成り立っているため、XDCブロックチェーンもまた、トランザクションのブロックではなく、システムステータスを扱っています。

      XDCエコシステム内に存在可することのできるネットワークには、2種類あります。1つ目は、すべての層が参加しているパブリック・ネットワークと、参加が制限されるプライベート/許可制ネットワークです。2つ目は、ステータスは個々のネットワークで維持されているトランザクションとスマートコントラクトの記録(ハッシュ)はブロックチェーンのパブリックステータスで保存されるプライベート・ネットワークです。

      XDCブロックチェーンのパブリックステータスは、異なる種類の構成員によって所有されているすべての参加ノードによって共有されます。ノードのグループは、さらに認定メンバーのみがアクセス可能なプライベートステータスの完全な許可型ネットワークを形成することができます。例えば、商品とサービスのためのプライベート・マーケットプレイスが、ネットワーク1に設定されたと仮定します。参加者間の取引の詳細はネットワーク2からはアクセスできません。しかし、プライベート・ネットワークであっても不変のトランザクションの記録が存在するように、個々のトランザクションの記録は、パブリック・ステータスでハッシュとして保存されます。

    • ● ハイブリッドブロックチェーンはPOWまたはPOSに基づいていますか?

      XDCハイブリッドブロックチェーンには「プルーフ・オブ・ワーク(作業による証明)」はありません。私たちの合意アーキテクチャは「プルーフ・オブ・オーソリティ」に似ています。分散型トラステッドノードのグループは、コンセンサスメカニズムに関与しています。これらのノードがプロセスに参加するためにステーク要求が存在します。これらステーク要求がネットワークの正確性と合意を全体として保証します。

    • ● 何件のトランザクションを最適な方法で見ていますか?横方向のサイドチェーンとは?

      XDCプロトコルのコアとなる合意プロセスは構造的に「プルーフ・オブ・オーソリティ」に似ているため、「プルーフ・オブ・ステーク」の利点があるものの、費用がかかり労力を要する「プルーフ・オブ・ワーク」は使いません。これによってネットワークが「環境に優しいネットワーク」であることが保証されるだけでなく、1秒あたり150から300ものトランザクションをどこでも処理することが可能です。私たちの社内の研究開発チームは、XDCブロックチェーンのパブリックおよびプライベート・ネットワークの両方における処理量の改善に取り組んでいます。

    • ●機関はどのようなかたちで参加できますか?

      XDCプロトコルのハイブリッドアーキテクチャによって、機関はXDCプロトコルに接続されている許可型サブネットワーク上でプロジェクトを構築することができます。機関は、機密性の高い金融データの完全なセキュリティを可能にする完全な許可型のインスタンスで作業するか、XDCプロトコルをメッセージングレイヤーとして使用するか、XDCプロトコルを通じてさまざまなデジタル資産の流動性媒体に接続するかを選択できます。

    • ● XDCブロックチェーンの合意アーキテクチャとは何ですか?

      XDCプロトコルの合意アーキテクチャは2つの部分に分けられます。1つ目はXDCコンソーシアムの会員資格です。XDC ネットワークに参加するためには、機関は3つの階層のいずれかに所属する必要があります。一部の階層は、XDCトークンの持株会社に対応しています。不正行為はいずれも、会員資格やホストネットワークインフラを入手するために必要なXDCトークンの没収の対象となります。

      2つ目は合意達成の実際のプロセスです。ネットワークトポロジーが安定すると、ノードが集結して新しいブロック上に配置することができるトランザクションに投票します。その後、新しいリーダーがバリデータ・ノードの中から任意に選ばれます。このリーダーが、他のフルノードによって投票されたトランザクションで新しいブロックを作成します。

    • ● 異なるタイプのノードとは何ですか?

      XDCネットワークは異なる4種類のノードをホストします。多くのノードはフルノードを実行するためのリソースや機能を必要としません。プライベートステータスのサブネットワークへ書き込むだけのノードは、XDCプロトコルの全ての要素を必要としません。さらに、フルノードを実行する機能も、その基準を満たす機関に限定されます。

    • ●ノードをホストできるのは誰ですか?

      金融機関、政府機関省庁および企業のみが、ノードをホストすることできます。各応募者は、特定のタイプのノードをホストする資格を得るには、事前定義された数のXDCトークンを保有していなければなりません。少数派の小口投資家は、ノードをホストすることはできません。

  • XDCトークン

    • ● トークン名とは何ですか?

      XinFinのトークンであるXDCはXDC01標準を用いて構築されています。XDCは、XinFinの開発コントラクト(XDC: XinFin Development Contract)を表します。トークンは、私たちのグローバルなマーケットプレイス上で行われるピア・ツー・ピア方式の国際取引と決済活動のための基本的な支払いと決済の機能を果たします。www.tradefinex.org.

    • ● XDCトークンはいくつありますか?

      全部で1000億のトークンが存在します。トークンの量が増加または減少することは決してありません。

    • ● 今までにいくつのトークンが発行されましたか?

      今までに全部でおよそ30億のトークンが発行されており、これは全供給量の3%に値します。これらのトークンは数にして2000人近くの初期の支持者たちにリリースされました。

    • ● 取引所でXDCがライブ取引になった時、いくつのトークンが発行されますか?

      XDCが取引所でライブ取引になると、段階的に全部で70億のトークン(全供給量の7%)が発行されます。この大部分は、XDCブロックチェーンを使ってパイロットプロジェクトに取り組んでいる、またはXDC01プロトコルを使ってアプリーケーションを構築しようとする機関に対して発行されます。残りのトークンは、小口投資家が取引所で購入して入手することができます。

    • ● 毎年いくつのトークンがマーケットにリリースされますか?

      残りのトークンは、「定率法」を用いて、制御された形でリリースされます。これらのトークンは、上場された取引所のみから個人および機関投資家が購入することができます。

    • ● トークン基準とは何ですか?

      XDCトークンはERC20トークン標準上で構築されています。この設計の決定は、新たに出現した数の多いEthereum Dappsとの根本的な互換性を確実にするために行われました。Ethereumブロックチェーンとの将来的な相互運用性という観点において、ERC20標準を使うという選択は分かりやすいものでした。この互換性は、Ethereumブロックチェーン用のスマートコントラクトにも該当します。私たちは、XDCブロックチェーン上のユーザーが誤って互換性のないERC20ベースのブロックチェーンにトークンを送ることがないように、独自の標準であるXDC01を開発しました。XDC01標準はERC20標準の上に構築されているので、相互運用性によってそのような転送が可能になった場合の将来的な互換性を保証します。これは、私たちがERC20のパブリックEthereumエコシステムに参加することを意味するものではありません。当社のケースでは、パブリックEthereumネットワークに接続していない分岐したハイブリッドブロックチェーンのプラットフォームでERC20標準が使われています。

    • ● XDCトークンの将来的な価格はどうなりますか?

      トークンの価格はブローバルな経済におけるその他のマクロおよびミクロ経済の要因にも関連しています。プレセール後に、上場されている取引所のみでXDCトークンを購入することができます。取引所におけるXDCトークンの価格はトークンの需要と供給に影響されます。

    • ● ロックイン期間はありますか?

      マネージメントチーム、法人顧客および金融機関に割り当てられたトークンには事前に定義されたロックイン期間があります。異なるタイプのノードをホストしている参加者にもロックイン期間があります。スマートコントラクトはいずれのトークンもロックイン期間中に販売することができないように保証します。

    • ● XDCとXDCEのマーケットを合わせると、オープン供給量は一年あたりどのくらいですか?

      エコシステム開発プールの15%から残高が減少するのは年に2.5%未満であり、マスターノードの報酬プールの32.5%から残高が減少するのは年に3.0%未満です。つまり、最大で約12.5億個が毎年追加されていることになります。

    • ● XinFinはなぜXDCとXDCEを合わせて1000億コインという膨大な供給量を有しているのですか?

      「プルーフ・オブ・ワーク」によって動くパブリック・ネットワークは、膨大な電力を消費し、トランザクションコストが高く、待ち時間が非常に長くなります。このため、これらのネットワークは現実世界の「ミッションクリティカル」(業務遂行に不可欠)なアプリケーションには適していません。長期的には、より実用的な合意メカニズムがステーク主導の合意に基づいて構築されると考えられます。XinFinネットワークは現在PBFTとステーク主導の合意のもとに設計されています。これはマスターノードや機関といった参加主体がトークンを公開しなければならないことを意味します。これは単に、1000億トークンを保有していても、そのほとんどはマスターノード、プライベートサブネットワークおよび様々な金融アプリケーションを実行するためにステークまたはロックされることを意味します。また、トークンにはリリーススケジュールがあります。

      ファウンダープール (25%) - 1年間ロックされ、毎年1%のみリリースされます。これにより、ファウンダーが長期間プロジェクトに専念することが保証されます。

      エコシステム開発プール (15%) - ロックされ、また毎年2.5%未満がリリースされます。

      トークン公開におけるプレ・プレースメントとフォロー(10%) - ロックされ、マイルストーンに基づいてリリースされます。

      マスターノードのエコシステム参加インセンティブ (32.5%) - ネットワーク上のアプリケーションを実行しているマスターノードと機関へ払い戻されます。毎年リリースされる量は3%未満です。

      ヘッジプール(10%) - この供給でプール内の流動性が吸収され、価格変動に対する措置として価格を一定に保ちながら効果的にリリースされます。

      慈善と社会的目的 (5%) - 毎年3%未満がリリースされます。リリースの必要がなければロックされます。

      危険準備金 - (不足の事態に備えて、予備のためにロックされています)

      (ビジネスアプリケーションのホワイトペーパー29頁を参照してください)

    • ● XinFinはどのようにしてAML/KYC(アンチマネーロンダリング/顧客確認)を管理しているのですか?

      XDCEは「トラストレス(trustless)」のEthereumのパブリック・ネットワーク上にあるERC20です。Ethereumネットワークには、プロトコルレベルでKYCの規定はありません。ERC20トークン用にKYCレイヤーを提供している多くのサービスプロバイダはトラストレス環境で動作しており、顧客データを誤用する可能性があります。

      XinFinはKYC/AMLに準拠しているシステムの構築にむけて、長期的な3フェーズのアプローチをとります。

      • コントリビューション期間中のEメール/電話番号の承認
      • XDCプロトコルで稼働するためのKYC/AMLレイヤーへの完全準拠
      • XDCEトークンを保持しているすべてのEthereumアドレス向けの分散型ホワイトリストKYC/AMLと安全なネットワーク(開発中)。これにより、XDCEトークン保有者を扱う取引所でも、デジタル資産の交換が行われる前にアドレス上のKYC/AMLを実行することが保証されます。
  • XDCEトークン

    • ● なぜXinFinとXDCプロトコルなのですか?

      XinFin (www.XinFin.org) は、シンガポールに拠点を置く、国際取引と金融に焦点をあてたブロックチェーンテクノロジーの企業です。XinFinはBitcoin、Quorum、Ethereumの一番の特徴を併せ持った、拡張性が高く、安全で、許可制/商用グレードのブロックチェーンアーキテクチャを開発しました。Ethereumから分岐されたXinFinのXDCプロトコルは、基本となるXDCトークンを利用した、既存の現行法およびPayment Railsで使える、または承認された管轄内で使えるピア・ツー・ピア方式のコントラクトプラットフォームです。

      XDCブロックチェーンはコンソーシアム・ブロックチェーンの枠組みで構築されています。アーキテクチャは、Ethereumコードベース上に構築されたパブリック・ブロークチェーンはもちろん、従来のプライベート/許可制ブロックチェーンとも異なります。XDCブロックチェーンの「ハイブリッド」という特性のため、EthereumやBitcoinのようなパブリック・ブロックチェーンとの相互運用が可能です。XDCブロック上でハイブリッドとマークされているトランザクションは、外部ウォレットや取引所の必要がなく、Ethereumパブリック・ブロックチェーンへ送られ、実行することができます。XDCプロトコルは相互運用性を通して、真の分散型仮想通貨空間の創出を目指します。プラットフォームは機密性の高い金融データをプライベートステータスで維持することで、データを複数事業のユースケースのための企業対応にします。相互運用性のレベルは、XinFinがERC20トークンだけでなく非常にネイティブなXDC01トークンも発行できるようにするものです。

    • ● なぜXDC01とERC20なのですか?

      XinFinトークンは、これまでで初めての種類のハイブリッドプロトコルであるXDC01プロトコル上に構築されています。APIが標準化される一方、取引所における新規プロトコルの上場は時間のかかるプロセスです。これにより流動性が制限され、多くのビジネスユースケースの規模は拡大されることはありません。流動性により、規制された取引所でトークンを安定した価格で売買することができます。大規模な注文が出された場合、流動性が低いと、市場変動がより激しくなり、価格が大幅に変動します。流動性の高い市場では、トークン価格は大きく変動することはありません。これは、ERC20トークンを介してXDC供給の少なくとも一部をEthereumのパブリック・チェーンに直接つなげるXinFinの開発戦略の一部です。XDCトークンの流動性を高め、多数のビジネスユースケースをサポートするために、XinFinはERC20トークンを導入しています。

    • ● XDC01が成長するとXDCEとトレーダーはどのような利点がありますか?

      ERC20トークンの開発により、様々なビジネスユースケースをサポートする変動性の高い流動的なプールも生み出されます。トレーダーが最も享受することができると思われるもう一つの利点はXDCEの価格です。新しいERC20トークンは標準XDC01トークンに対して1対1で価格が設定されます。これは、XDCEの価格が常にXDCの価格を直接反映することを意味します。

      XDCEの全供給量は、流通している全供給量と合わせて150億あり、XDC01プロトコル上で供給可能な150億と1対1で交換可能です。

    • ● XinFinコントラクト(XDC)とXinFin ERC20(XDCE)の特徴と利点は何ですか?

      XinFinコントラクト (XDC)

      • 厳格なXYC/AMLのチェックにより、規制された取引所でのみ取引が可能です。
      • 取引中の価格安定のためのヘッジプールの保護。
      • 主にピアツーピア方式の契約および融資に関する企業ユースケース。

      XinFin ERC20 (XDCE)

      • ERC20トークンと互換性があり、幅広い取引所にて取引が可能。
      • すべての分散型取引所と互換性があります。
      • 流動性市場に存在し、XDC流動性をサポート。
      • 流動性プロバイダーによりサポートされている。
      • 投機家とトレーダーに最適。
      • MyEtherWalletとEtherDeltaと直接の互換性あり。
    • ● XDCEトークンの発行はどうなっていますか?

      XinFinは(XDCトークンの全供給量1000億のうちの)150億XDCトークンをティッカーであるXDCE(XinFinのERC20を意味する)の元でスワップ(交換)可能なトークンに移します。この150億XDCEトークンの供給により、流通している既存の150億の全てのXDCトークンと1:1でのスワップが可能になります。既存のすべてのXDCトークン保有者には、いつでもXDCとXDCEを1:1でスワップする選択肢があります。この交換の一環として、ユーザーはこのスワップ(ユーザーによってEthrreumウォレットへ転送される)の代わりにXDCトークンとXDCEトークンを放棄しなければなりません。逆に、別の上場されている取引所から購入されたXDCトークンを同じ1対1のスワップでXDCトークンに交換することができます。

    • ● XDCとXDCeに関する参加取引所は?

      XDCトークン :現在XDCトークンはalphaex.net取引所に上場しており、チームはさらに2または3カ所の取引所にXDCトークンを上場させようとしています。

      XDCEトークン :XDCEトークンはalphaex.nett取引所や他のERC20トークンをサポートする大手取引所に上場される予定です。

      スワップ:Alphaex.netはXDCとXDCE間で1:1のスワップ(トランザクション費を除く)を提供します。

    • ● スマートコントラクトについては?

      XDCトークン上で構成されたスマートコントラクトは1:1のスワップを実現します。

    • ●クラウドセール(Crowd Sale)に参加しましたが、トークンの残高はどうやって確認するのですか?

      以下のボックスにA/C番号を入力してXDCEの残高を確認します。

    • ● XDCとXDCEのマーケットを合わせると、オープン供給量は一年あたりどのくらいですか?

      エコシステム開発プールの15%から残高が減少するのは年に2.5%未満であり、マスターノードの報酬プールの32.5%から残高が減少するのは年に3.0%未満です。つまり、最大で約12.5億個が毎年追加されていることになります。

    • ● XinFinはなぜXDCとXDCEを合わせて1000億コインという膨大な供給量を有しているのですか?

      「プルーフ・オブ・ワーク」によって動くパブリック・ネットワークは、膨大な電力を消費し、トランザクションコストが高く、待ち時間が非常に長くなります。このため、これらのネットワークは現実世界の「ミッションクリティカル」(業務遂行に不可欠)なアプリケーションには適していません。長期的には、より実用的な合意メカニズムがステーク主導の合意に基づいて構築されると考えられます。XinFinネットワークは現在PBFTとステーク主導の合意のもとに設計されています。これはマスターノードや機関といった参加主体がトークンを公開しなければならないことを意味します。これは単に、1000億トークンを保有していても、そのほとんどはマスターノード、プライベートサブネットワークおよび様々な金融アプリケーションを実行するためにステークまたはロックされることを意味します。また、トークンにはリリーススケジュールがあります。

      ファウンダープール (25%) - 1年間ロックされ、毎年1%のみリリースされます。これにより、ファウンダーが長期間プロジェクトに専念することが保証されます。

      エコシステム開発プール (15%) - ロックされ、また毎年2.5%未満がリリースされます。

      トークン公開におけるプレ・プレースメントとフォロー(10%) - ロックされ、マイルストーンに基づいてリリースされます。

      マスターノードのエコシステム参加インセンティブ (32.5%) - ネットワーク上のアプリケーションを実行しているマスターノードと機関へ払い戻されます。毎年リリースされる量は3%未満です。

      ヘッジプール(10%) - この供給でプール内の流動性が吸収され、価格変動に対する措置として価格を一定に保ちながら効果的にリリースされます。

      慈善と社会的目的 (5%) - 毎年3%未満がリリースされます。リリースの必要がなければロックされます。

      危険準備金 - (不足の事態に備えて、予備のためにロックされています)

      (ビジネスアプリケーションのホワイトペーパー29頁を参照してください)

    • ● XinFinはどのようにしてAML/KYC(アンチマネーロンダリング/顧客確認)を管理しているのですか?

      XDCEは「トラストレス(trustless)」のEthereumのパブリック・ネットワーク上にあるERC20です。Ethereumネットワークには、プロトコルレベルでKYCの規定はありません。ERC20トークン用にKYCレイヤーを提供している多くのサービスプロバイダはトラストレス環境で動作しており、顧客データを誤用する可能性があります。

      XinFinはKYC/AMLに準拠しているシステムの構築にむけて、長期的な3フェーズのアプローチをとります。

      • コントリビューション期間中のEメール/電話番号の承認
      • XDCプロトコルで稼働するためのKYC/AMLレイヤーへの完全準拠
      • XDCEトークンを保持しているすべてのEthereumアドレス向けの分散型ホワイトリストKYC/AMLと安全なネットワーク(開発中)。これにより、XDCEトークン保有者を扱う取引所でも、デジタル資産の交換が行われる前にアドレス上のKYC/AMLを実行することが保証されます。
  • 取引所

    • ● XDCはどのようにして購入できますか?

      XinFinトークンは、取引所でサポートされている全てのタイプの通貨とトークンを使い、数多くの取引所で売買することが可能です。XinFinトークンは取引所にてXDCシンボルにより識別できます。

    • ● 現在XDCトークンの購入をサポートしているのはどの取引所ですか?

      サードパーティーのプラットフォームプロバイダーであるIbinexが、手始めとしてXDCをサポートします。 その他の取引所とは交渉中であり、まもなくその取引所の名前を発表する予定です。全ての大手取引所とも検討中であり、発表の準備が整い次第お知らせします。

    • ● ウォレットから交換可能なコインはどれですか?

      当社のウォレットおよび関連取引所からXDCを交換できる仮想通貨は、ETH、BTCおよびXRPの3つです。

    • ● XDCを取引所へ上場するのに、なぜそんなに長い時間がかかるのですか?

      XDCトークンはXDC01プロトコル上で構築されています。これはERC20トークン標準ではありません。当社のチームは、取引所と緊密に協力してAPIを公開し、統合しています。同様に、現在、安全なトランザクションのためのセキュリティと拡張性のチェックを受けています。その後、標準化されたAPI一式がすべての大手取引所に順次リリースされます。

    • ● 取引所にはいつ上場されそうですか?

      XDCトークンはテスト完了後まもなく取引所に上場されます。11月の第2週までには行われると予想されています。XinFinはプレスリリースを発行して、様々なSNSで会員に情報を伝えていく予定です。

    • ● XinFin上でXDCトークンを販売することは可能ですか?

      できません。管轄により承認された支持取引所でのみXDCトークンを販売することができます。取引所は管轄区域で業務を展開する必要があります。Ibinexはホワイトラベルの取引所です。しかし、XDCをライブにしている取引所ではIbinexの流動性プールを使っており、交換サービスに関しては特別な管轄内で稼働しています。

  • XDCウォレット

    • ● XDCはどこに保管できますか?

      購入したXDCは、ご自身のコンピュータ、タブレット、電話またはラップトップからアクセスできるXDCウォレットに安全に保管することができます。www.xinfin.org 上、またはAndroidやiOSアプリから登録してウォレットを作成することができます。

    • ● XDCウォレットアプリはどこからダウンロードできますか?

      Androidアプリは、Google play storeからダウンロードすることができます。ウォレットは「XDCウォレット」と呼ばれます。iSOアプリ用アプリケーションは申請され、現在Appleによる審査を受けています。ダウンロードが可能になり次第、すぐにお知らせいたします。

    • ● XDCウォレットの安全性はどの程度ですか?

      オンラインウォレットは多くの場合、仮想通貨トークンを保存する方法としては便利に見えますが、実際のところ非常に不確かなものです。オンラインウォレットの実行とは、フルノード上で動作しているウォレットにアクセスする単なるウェブアプリです。プライベートキーとハプリックキーを共有することは極めて危険です。このような危険性は、ほとんどのオンラインウォレットの実行では避けられないものです。さらなる懸念事項はウォレットをホストしているノードの偶発的または計画的なシャットダウンです。この場合、全てのトークンは失われるか、または盗まれます。これらの事故は金融ダメージだけでなく、ブロックチェーンエコシステムの世間の評判に傷をつけます。XDCエコシステムはフルノードへ安全に接続でき、簡単にアクセスできるライトウォレットを提供します。それぞれのライトウォレット(Light Wallet)には、関連するアカウントからトランザクションに署名するために使用される固有のキーがあります。ライトウォレットは1つのアカウントのみ扱う他に類を見ないアプリケーションであるため、XDCトークンがハッキングされたり失われる可能性は極めて低いです。

    • ● 転送中のトークン喪失はどのようにして防ぐのですか?

      カスタムトークンを設計する上でECR20標準を使うことの一つの主な問題は、Ethereumウォレットからの転送によりEtherの喪失が起こることです。これは多くのカスタムコインが直面している設計上の課題です。XinFinでは、ウォレットからトークンを送信するのではなく、トークンのコントラクトを呼び出す特別な機能を使用することで、トークンの喪失を防ぎます。

    • ● 一方のXDCウォレットから別のXDCウォレットへトークンを転送することはできますか?

      はい。トークンをXDCウォレットから別のXDCウォレットへ転送できます。

    • ● XDCウォレットにアクセスできないのですが?

      問題を調査するため、ご自身のEメールIDを当社の技術チームへお知らせください。XDCウォレットに登録されているEメールID、問題の説明(スクリーンショットがあることが望ましいです)を記載の上、[email protected] にEメールを送信してください。サポートチームが問題を調査し、解決できるようにお手伝いします。

    • ● XDCウォレットにあるその他のセキュリティステップは何ですか?

      XinFinはメール認証を使っており、Googleユーザーでない人も同じ認証を使うことができます。さらに指紋やセンサーを利用した認証などのセキュリティ対策がありますが、そのようなスマートフォンを利用できるのは世界的には大変限られた利用者だけです。

    • ● iOSアプリの正式サービス開始になぜそんなに時間がかかるのですか?

      Appleはダン&ブラッドストリートが認証した法人としか連携していません。また、米国以外の法人は登録されているとは限りません。私たちはDUNSの承認をすでに獲得しました。現在、正式にリリースされるのを待っています。当社のチームはAppleをフォローアップしています。当社のiOSアプリは問題なく動作しているAndroidアプリと全く同じものです。iOSアプリの正式サービス開始はまもなくだと予想されています。

    • ● 将来のコールドストレージに関する計画はありますか?

      当社のチームがオプションを評価しているところです。最新情報が入り次第お知らせいたします。

  • XinFinチーム

    • ● チームのプロフィール

      XinFinは、国際取引と資金調達を可能にするアプリケーション・レイヤーを確立するとともに、ブロックチェーンを進化させてソリューションに導くことに取り組んでいる成長コミュニティです。私たちXinFinは、当社のコミュニティが高潔さと倫理観を持つメンバーで構成されていることを保証します。マネージメントチームとコミュニティメンバーの詳細はウェブサイトに掲載されています。http://www.xinfin.org/about-the-team/

    • ● XinFInはどのようにして利益をあげているのですか?

      XinFinチームの開発努力は、初期支援者が参加した初期の3Bトークンの売り上げにより資金を得ています。XinFinにはTradeFindex、企業アプリケーションおよび送金の3つのビジネスラインがあります。将来的には、ライセンス料とトランザクション費からの収入により、支出がカバーされることを見込んでいます。

  • 最新の開発

    • ● どこで最新の開発について知ることができますか?

      最新の開発は、http://www.xinfin.org/media-room/ および当社の全ソーシャルメディアのチャンネルで知ることができます。

    • ● 国際会議には出席していますか?

      はい。インド中央銀行の調査機関より、スピーカーとして彼らのイベントに招待されました。当社のチームは、ブロックチェーンテクノロジーサミット、インド支部のスピーカーでもあります。私たちは今後の様々なイベントについて積極的に検討しています。当社は全ての重要なイベントでスピーカーとして参加することを優先しています。

    • ● XinFinエコシステムに貢献するにはどうすればよいですか?

      XinFin.orgは、世界最高のプログラミングマインドに参加するためのプラットフォームをオープンしました。XDCのようなハイブリッドブロックチェーンプロトコルは、現実世界の施設の完全操業の大きな可能性を秘めていると考えています。XinFinの開発者コミュニティはXDCプロトコルが成熟するために不可欠です。こうした類の開発は、規制された金融業界におけるブロックチェーン技術を生み出す体制を長期的に実現するために非常に有益です。XDCプロトコルの本来の原動力であるXDCの配分を含む、有意義な形で提供できる開発者向けの報奨金があります。私たちは、ブロックチェーン技術が主流となる中で革新的になるだろうと考えているプロジェクトで、才能ある最高の開発者たちを引き寄せたいと考えています。

      XDC プロトコルを扱う開発者コミュニティのためのリソース: